22年10月より青年海外協力隊隊員としてモロッコに派遣されています 私の足跡や思いを綴ります 


by footstep7-7
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

青少年キャラバン

 日本も寒くなりましたが、モロッコも一段と寒さが増してきました。
 今日青年の家に来た子どもに、何枚服を着ているか聞いたら、多い子は6枚も。

 前回の更新からまた間が空いてしまいましたが、雪を被った山の見える写真を最後に載せました。場所はミデルトという場所です。リッサニからバスで4時間30分前後でしょうか。
 現在、モロッコには私と同じ「青少年活動」という職種のJICAボランティアが8人います。全員が私と同じように青年の家で活動しているわけではないのですが、同じ職種で活動している仲間同士、情報の共有や普段1人ではできない活動などを協力して行うために青少年部会なるものを組織しました。具体的な活動の1つとして、青少年キャラバンと称し青少年部会の会員が活動している任地を回り、日本文化紹介や図工・音楽などのアクティビティを行うことになったのです。ミデルトはその青少年キャラバン第1回目の場所でした。
 その第1回目のキャラバンで何をしたのかというと、ミデルト青年の家で7歳~14歳くらいまでの子どもたちを対象に、前半は簡単な運動会、後半はストローやヨーグルトのカップを使い楽器を作って演奏という大きく2つに分けてのアクティビティを行いました。(残念ながら写真を撮る時間が無かったので、様子をお見せすることができません)
 今回は皆で協力しながら一緒にスポーツや音楽を楽しむという趣旨でした。日本の子どもたちよりも自己主張が強く、協調性の乏しいモロッコの子どもたちに対し、思うようにいかなかったこともありましたが、とにかくキャラバンをスタートできて良かったです。私たちがそれぞれの場所を回ることで、子どもたちの何かが大きく変わるということはないと思いますが、子どもたちにとっても良い思い出となり、それぞれの任地にいるボランティアの活動がさらに活発になればと考えています。

 
d0179100_795934.jpg

d0179100_7115633.jpg

 私の任地リッサニには移動遊園地が来ました。(既に2ヶ月ほど?経っている気がしますが)
 回るのが異常に早い観覧車です。乗りたいなぁと親しいモロッコ人に話をしたら、首都ラバトで同じような観覧車に乗っていた子どもが落下して亡くなったからやめた方がいいなんて言われました。日本と違い、事故が起きても使用中止、営業中止にはならないみたいです。
[PR]
# by footstep7-7 | 2011-12-09 07:20 | 15ヶ月目

どんより・・・

 先週、リッサニは雨の降る日が続いていました。少し待っていれば降り止む程度の雨がほとんどなのですが。それでも、去年1年間これほど天気の悪かったことが続いたことはありませんでした。
そして、土曜日はそれまでの雨と違い大雨?です。日本ではよくみられる程度の雨ですが、明け方から5時間ほど降り続けました。
d0179100_3192612.jpg

(家から撮りました。水はけが悪いのですぐに水がたまってしまいます)

 午前中、リッサニに来て初めて傘を使って青年の家に行きました。学校の行き帰りの子どもたち、道行く大人も傘をささずに雨に降られて歩いていました。傘を持っていないんですね。確かにリッサニでは必要ないと私も思っていました。
 おまけに青年の家に着くと、「なんで今日来たんだ?」と、青年の家に隣接している家に住んでいるおじさんに言われてしまいました・・・。確かに道を歩いていて人の少なさは感じていましたが、こういう時は外出しないのが習慣のようです。

 10日ほど前、こんな景色の見られるところへ行ってきました。 
d0179100_3223860.jpg

 奥に雪の積もった山が見えます!モロッコでも降るところには降るんです。
 次回は、そこでのお話をしたいと思います。
[PR]
# by footstep7-7 | 2011-11-29 03:24 | 14ヶ月目

ご無沙汰していました

 「おめでとう、ラマダン」から約3か月。
 久しく更新せず、心配をかけた皆さんには申し訳なく思っています。すみません。大きな怪我や病気もなく元気です。
 皆さんはお元気ですか?
 8月から今までの約3か月間、様々なことがありました。現在の生活・活動状況と交えながらこれから少しずつ綴っていけたらと考えています。

 今日は最も新しい出来事についてです。
 今月12日、隣町(エルフード)の青年の家で卓球大会が開催され、リッサニの青年の家からは高校生ら4人が参加しました。試合形式はシングルスのトーナメントだったのですが、他の街の青年の家からも参加者が集まり1日がかりの大会でした。
 
 d0179100_7241591.jpg
 (食事の時の写真です。
 ビデオばかり撮っていて、試合の時の写真が残っていませんでした・・・。)

 我がリッサニ青年の家の参加者は初めて大会に参加し、多くの人に見られている中での試合は緊張したようです。他にもありとあらゆることが初めての経験なので、気持ちにも余裕が無かったですね。(協調性を持てなかったり感謝の気持ちを表現できなかったり)
 結果は4人のうち1人が4位でした。惜しくも3位になれなかったその子は、もう少しでトロフィーと副賞をもらえたということで、試合後にうつむいて涙していました。モロッコでは日本の高校生に比べ、こういう経験をする機会は滅多にありません。彼にとっては悔しい気持ちで一杯でしょうが、ようやくこういう経験をさせることができ良かったと思いました。
 さて、大会を終えてリッサニに戻ると、すでに日は落ちた時間でしたが、子どもたちは早速青年の家に行って卓球を始めました。負けてやる気を失うどころか、以前に増してやる気が出てきたようです。そして次の日には、私が撮った試合のビデオを熱心に見ていました。
 近いうちに大会の開催予定はありません。この気持ちをどう持続させ、この経験をどう生かすのかが私と彼らの課題です。

 先日、日本の北海道では初雪を観測したそうですね。モロッコも大分寒くなってきました。私の任地リッサニも朝晩は冷え込んでいます。風邪など引かぬよう気を付けてください。
 
[PR]
# by footstep7-7 | 2011-11-18 07:32 | 14ヶ月目

おめでとう!

 ラマダン(断食月)が始まりました。今年のラマダンは8月2日から8月末までだそうです。
 日の出から日没までの時間は、モロッコの人たちは飲食しません。日没から日の出までの間に1日分の食事をします。

 具体的には日没後の夜7時頃になって家族でハリラと呼ばれるスープ、ジュースを飲み、お菓子などを食べます。
 d0179100_8142350.jpg
 d0179100_8152047.jpg

 














 










 









 その後、モスクと呼ばれる礼拝所でお祈りをした後にタジンを11時から12時に食べます。
 (奥に見える細長い高い建物がモスクです)
 
d0179100_8192159.jpg


 そして4時頃まで睡眠を取り、また食事をして寝ます。昼は、仕事のある人は仕事をしたり、様々な用事を済ませたりする人それぞれです。ただラマダン前のように活発に行動はできません。
 
 相変わらず暑いリッサニです。食事を我慢するだけならまだしも水などを飲むことができないのは相当辛そうです。ラマダン前までは人が多くいた街の中心部や市場の中も人が大分少なくなりました。(ちゃんとお店は開いています)
 こちらの人たちが互いにおめでとうと言って始まったラマダン。ムスリムの人にとっては義務ですが、どうも体にも精神的にも良くないように感じます。そして、都市部ではイライラして交通事故を起こす車の運転手も増えるそうです。
 まだ始まったばかりですが、1ヶ月後モロッコの人たちはどうなっているのでしょう。もし自分が1ヶ月も断食したら体調崩してしまいそうです・・・。
[PR]
# by footstep7-7 | 2011-08-05 08:31 | 10ヶ月目

ラバト滞在

 先週の木曜から3日間ほど、首都ラバトに滞在していました。
 健康診断再検査、隊員総会、安全対策連絡協議会などがあったためです。

 健康診断は3か月前の結果を受けてのものですが、念のための再検査ということで大丈夫です。日々の生活も元気に過ごせていますし。
 隊員総会は、モロッコにいるボランティアによって組織されている自治会が年に一回行うものです。現在60名ほどいるボランティアが一堂に会し、組織の運営についての議論をしました。そして、旧役員から新役員への移行もあったのですが、私は自治会長の役職に就くことになりました。モロッコにいるボランティアの活動がよりよい方向に進むように、自分にできることをしたいと思います。
 安全対策協議会は隊員総会に合わせてJICAが主催したものです。大使館で勤務されている方々を呼び、現在のモロッコの政情についての説明、犯罪に巻き込まれないためにどうしたら良いのか等の講義がありました。モロッコも他のイスラムの国々に比べると落ち着いてはいますが、デモがないわけでもなく、ボランティア含め旅行に来た日本人がひったくりなどの被害に遭っているそうです。
 他にも前隊次の中間報告、懇親会、教育関係の活動をしているボランティアが集まっての教育部会にも参加してきました。ボランティアそれぞれ任地が離れているので、なかなか集まる機会がありませんが、今回は多くのボランティアが集まりました。互いにいろいろ話をして楽しんだり、時には刺激を受けたりと有意義な時間を過ごせました。

 
d0179100_1922556.jpg

 実は、今3匹の猫がいます。2匹は預かっているだけで、あと1週間もしないうちに元の飼い主のところへ行ってしまいます。3匹、今は仲良く生活しているので、お別れはちょっと寂しいものになりそうです。
 日本にいる時、飼うなら猫より犬と思っていました。ただ、実際に飼ってみるとそんなことは関係ありませんでした。猫を飼い始めてから、引きこもりになったとか猫に対して過保護だと言われています。自分ではよくわかりませんが、言われて初めて気付くもので、・・・。でも、かわいいですよね?
[PR]
# by footstep7-7 | 2011-07-27 19:11 | 10ヶ月目