22年10月より青年海外協力隊隊員としてモロッコに派遣されています 私の足跡や思いを綴ります 


by footstep7-7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2010年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

年の瀬ですね


 日本ではクリスマスで賑わいを見せ、さらにお正月に向けていろいろと盛り上がっているのでしょうね。ここモロッコのリッサニでは普段と変わらず時間が過ぎています。クリスマスなんて関係ありません。約20日前の12月8日はイスラム歴の1月1日で(イスラム歴では1年が354日。毎年11日ずつずれていくそうです)、もう少し何か盛り上がるものやお祝い事があるのかと思いましたが、特に何もありませんでした。学校などの公共施設が1日休みになっただけで、スーク(市場)やいろいろなお店は普段と変わらず営業でした。2011年1月1日も休日になるようですが、日本のような新年を感じる出来事は無さそうです。

 しばらく更新が滞ってしまいましたが、自身の活動は少しだけ前に進んでいます。新たに日本語教室を始めました。中学校・高校の生徒向け、大人向けと分けて行っています。この街に来た当初は、日本語教室を行うことに少しためらいがありました。日本語を覚えることが、リッサニの人々にとっては決して仕事を得る手段や生活の向上につながるわけではないからです。悩みましたが、日本語を話せるようになってもらうこと以外にも日本の文化を少しずつでも知ってもらうことに意義はあると思い始めました。幸いにも興味を持って参加してくれる人がいるのでうれしい限りです。

d0179100_43245.jpg


 配属当初に青年の家の所長からは「好きなことをやっていい」と言われました。単純に自分のやりたいことやれば良いということではないのでなかなか難しいのですが、現在は日本語教室、折り紙教室、アソシエーションのお手伝いをしています。配属されて以来、この街の人々がもし自分に求めるものがあるとしたらそれは何だろうと考えています。これからも試行錯誤、様々なことへの挑戦が続きそうです。ちなみに新たに挑戦することについては、既にイメージをし、前向きに取り組み始めているものもあります。聞いたらちょっと驚く人もいるかもしれませんが、それはこうご期待!

 日本では本格的な冬に入っているようですね。リッサニも想像以上に寒く、私は風邪を引いてしまいました。是非風邪など引かぬようご自愛ください。
[PR]
by footstep7-7 | 2010-12-28 04:17 | 3ヶ月目

日曜日

 私の職場である青年の家、毎週日曜日の午前中はたくさんの子どもたちで賑わいます。2~3つのアソシエーションが子供たちのために様々な活動を行っているからです。先週は歌を歌ったり、造花を作ったり、青年の家の壁にかわいい絵を描いたり、青年の家の敷地に木を植えたりしていました。
私は木を植えるグループと一緒にいたのですが、子どもたちは我先にとスコップやシャベルを持って楽しそうに代わる代わる作業をしていました。誰も作業を放り出して違うことをやる子はいなかったんです。ついついえらいなぁと思ってしまいました。後片付けだってきちんとやるんだから、私は少しお手伝いしただけで終わってしまいました・・・。
 もう一つ。それは、毎週日曜日に子どもたちのために活動を行うと先生たち。子どもたちのために活動しているアソシエーションを運営しているのはほとんど学校の先生です。日本みたいにタイトなスケジュールではないようですが、モロッコでは月曜日から土曜日まで学校があります。モロッコにも自分の時間を子どもたちのために使う熱心な人たちがたくさんいるんだなと思うとうれしかったです。これからこういう人たちと一緒に活動ができるということが楽しみです。

 写真はオリーブの木です。まだまだ小さいので、私がいる間に実をつけることはなさそうですが、そのうちたくさんの実が実るようにお世話したいと思います。
d0179100_21392591.jpg

[PR]
by footstep7-7 | 2010-12-10 21:40 | 2ヶ月目

買い物

 日本では師走に入り、いよいよ今年も終わりに近づいてきましたね。日本での季節を感じることのできる行事が懐かしく思います。

 さて、モロッコのお店に並ぶものに値札は一切ついていません。
 ここリッサニで主食となっているホブス(パン)は1つ20円くらい。(直径30センチほど) そのほかヨーグルトも1つ20円くらい。バナナは1キロ80円~90円。鶏肉は500グラム100円くらい。ということで、多少の変動はあるようですが、相場はこのくらいです。(そのほか紹介したいものもありますが、また次の機会に) 値札がついていなくとも、このような人々が毎日必要としているものに関してはある程度決まった値段で安心して買い物ができます。
 
d0179100_4185662.jpg


 ところが、自分の活動に必要なものを買うために文房具屋さんに行きました。そしてチョークや定規など普段買わないものばかりだったので、値段を確認しながら購入するものを決めていきました。ただ、マジック(3,4本)だけはたまたま確認せず、他のものと合わせて会計してもらいました。その会計の時・・・ドリフのコントを見たようでした。お店の主人は1本1本マジックを手に取り、2、3秒キャップも開けずににおいを真剣に嗅いで、「○○円、○○円・・・」と言っていくのです。え~~っと心の中で思いましたが、それぞれのマジックの値段に大差があるわけでもなく、高いわけでもなく、笑いをこらえるのに必死だったので何も言いませんでしたが、同僚にこのことを話したら笑ってくれました。

d0179100_4221242.jpg


 よく旅行のガイドブックに店員さんとのやり取りも買い物の醍醐味なんてありますが、思いもよらない出来事があるものです。
[PR]
by footstep7-7 | 2010-12-06 04:24 | 2ヶ月目